髭剃りの時間をカット!

髭のレーザー脱毛を行えば、毎朝剃るのに掛かっていた時間から解放されたり、自分の理想的なデザインをトリマーや毛抜きを使わなくてもキープできるなど様々なメリットがあります。
だけど髭のレーザー脱毛を受けるうえでいくつかの注意点もあります。
1点目は、レーザーは脱毛箇所の黒い部分に反応するので日焼け肌では施術を受けられない事です。
2点目は、施術前と期間中は毛抜きによる処理が出来ない事です。
3点目は、施術当日は激しい運動や飲酒を控える必要がある事です。

髭のレーザー脱毛で注意すべきこと

髭のレーザー脱毛で注意すべきこと 髭のレーザー脱毛の注意点について理由を踏まえて解説して行きます。
1点目の日焼け肌で脱毛施術を受けられない理由は、日焼けにより肌がメラミン色素で黒くなると、脱毛で使うフラッシュレーザーや医療用のレーザーが毛根細胞と同じように反応して火傷を起こす可能性があるからです。
2点目の脱毛前と脱毛期間中に毛抜きを禁止されている理由は、毛を抜く事で毛根の色素が一緒にとれてしまうため、毛抜きをした部分のフラッシュレーザーや医療用レーザーが反応しにくくなって脱毛効果が得られないからです。
3点目の脱毛当日は激しい運動や飲酒を控える必要がある理由は、運動や飲酒によって血行が良くなって体温が急激に上昇すると、脱毛施術を受けた箇所に痛みや腫れが起きるおそれがあるからです。
以上のような髭のレーザー脱毛の注意点を意識しながら施術を受ける事は重要です。

髭のレーザー脱毛は肌との相性をチェック

髭のレーザー脱毛は肌との相性をチェック 営業マンなど、外周りが多く取引先を会う機会が多い人は、身だしなみに常に気をつける必要がある人にとって髭が伸びていることは、印象が悪くなってしまいます。
髭は濃くて太い体毛なので、ムダ毛を目立たなくさせる効果が高い医療レーザー脱毛の施術を受けるのが、良い方法の1つとなります。
近頃のメンズ美容外科クリニックでは、色々な種類の医療レーザーを取り扱うことができる脱毛マシンを導入していて、肌との相性に合わせて、その人にとって最も適している医療レーザーを使った医療レーザー脱毛の施術を受けることができるようになっています。
基本的に医療レーザー脱毛の施術はアレキサンドライトレーザーという種類の医療レーザーを使うことが多いのですが、アレキサンドライトレーザーでは痛みが強すぎるという人の場合は、比較的痛みを抑えることができるダイオードレーザーという種類の医療レーザーを使って対処することもできます。
また、男性の方の中には、日焼けをしていなくても肌の色が浅黒いという人も少なくありません。
そんなときには、ロングパルスヤグレーザーという種類の医療レーザーを使えば、肌を火傷するリスクを抑えながら浅黒い肌の人にも医療レーザー脱毛の施術を施すことができます。