髭剃りの時間をカット!

髭の部位によってレーザー脱毛の効果が変わる?

髭の部位によってレーザー脱毛の効果が変わる? 髭脱毛を考えている男性にとって、効果が出にくい部位があるかどうかというのはたいへん気になる点でしょう。
せっかく脱毛の施術を受けるのであれば、高い効果を期待したいからです。
基本的に言って、レーザー脱毛で効果の出にくい箇所はないと言われています。
ただし、部位によってはレーザーの照射レベルを上げられない箇所があるのは事実です。
例えば、一般に髭の密度が濃いのは鼻の下や唇の下部分でしょう。
仮に、こうした箇所に照射レベルの高いレーザーを照射してしまったとしたら、肌が火傷してしまうことがあるのです。
こうした火傷を防ぐためには、どうしてもレーザーの照射レベルを下げなければなりません。
結果として、他の箇所に比べて脱毛効果は低くなってしまうというわけです。
それに対して、髭密度の薄い部位であれば、レーザーの照射レベルを上げることができるため、脱毛効果が高いなるでしょう。
このような理由から、箇所によってレーザー脱毛の効果に違いが出てくると言えるのです。

髭のレーザー脱毛、効きづらい部位、効きやすい部位

髭のレーザー脱毛、効きづらい部位、効きやすい部位 レーザーにも種類があり、美容クリニックではその人の肌や毛の質に合わせたマシンが選択されて施術が進められています。
男性の髭脱毛の場合には、太い毛であることから根深い部分から生えていることになり、波長の長いレーザーが使用されることが多いものです。
しかし、ベストな機種を選択しても髭の中でも効きづらい部位や効きやすい部位の差が出ることになります。
髭のレーザー脱毛で効きやすい毛としては、髭の中でも普通の毛質になります。
また、効きづらいケースとしては、太くて根深すぎる毛になると効果を発揮するまでには時間がかかりがちであり、逆に頬や首など産毛に近い毛質も同様です。
メラニン色素でもある黒い色に反応させて脱毛をするのですが、色が薄い毛になると逆にレーザーが反応せずに脱毛が進まないというケースがあるのです。
また、白髪になれば全く黒い色の色素が入っていないことになるので、何度施術を受けても効果を得ることはできません。