髭剃りの時間をカット!

髭のレーザー脱毛は痛いのか?

髭のレーザー脱毛は痛いのか? 髭のレーザー脱毛はかなり痛いです。
痛みには個人差があるのですが、何本ものゴムで弾かれるような痛みとたとえられることもあります。
つまり、レーザーで照射されるごとに、そのくらいの痛みを感じることになります。
そもそも、レーザー脱毛のメカニズムというのは、髭にある色素、つまりメラニン色素にレーザー光が反応することで脱毛していきます。
レーザーとメラニン色素が反応すると、熱エネルギーが出されるため、その熱エネルギーで毛を作りだす毛乳頭という組織を破壊したり、毛根にダメージを与えたりすることで脱毛できるというわけです。
そして、このレーザー光はメラニン色素が濃いほど、強く反応して、エネルギーを放出します。
つまり、メラニン色素が濃い髭は、それだけレーザー光と反応しやすいので、痛みが強く出やすくなります。
また、人によっても痛みは変わってきます。
毛が密集していたり、色黒の人だったりすると、それだけメラニン色素が反応しやすいということなので、強い痛みが出るようになってきます。
ただ、医療クリニックの場合、痛みが完全に消えるわけではありませんが、麻酔クリームを塗ってくれたり、笑気麻酔をしてくれたりしてくれます。
そのため、ある程度の痛みは軽減することができるでしょう。

髭のレーザー脱毛を体験した人の声

髭のレーザー脱毛を体験した人の声 レーザー脱毛をしたことによる感想として目立つのは、まず髭のお手入れが簡単になったことについてです。
脱毛をする人の中には、毎日のお手入れに苦労しており、それを解消するために脱毛を決断することがありますが、レーザー脱毛のお陰で悩みの髭を解消することができます。
そのため体験者の中には手間がなくなり楽になった、朝の時間に余裕が生まれるようになったなどと喜びの効果を感じている人が多いのです。
肌への自信が持てるようになったという人もいます。
例えば髭が濃いことによって青く見えたり、汚く見えたりと不便があったりもするものです。
時にはそれが原因で自信が持てないということもありますが、それもまたレーザー脱毛で解消することができます。
毛根から破壊してしまう施術ですので、肌にも透明感が生まれ、ツルツルのキレイな肌になることができるのです。
また、セルフケアも不要になりますから肌を傷めることもなくなり、それもあって肌はキレイに生まれ変わります。