髭剃りの時間をカット!

痛みを感じやすい人の特徴

痛みを感じやすい人の特徴 髭のレーザー脱毛は痛みが不安だという人もいるでしょう。中には痛みに耐えきれず、途中でやめてしまったという人もいます。この部分は肌がデリケートですし、他の部分よりも痛みを感じやすいと言われています。もちろん痛みを感じても対策方法があるのできちんと確認しておくと良いでしょう。
痛みを感じやすい人は髭の濃い人と言われています。一般的なクリニックのレーザー脱毛では、ムダ毛の毛根に存在するメラニン色素に反応するレーザーを使って行います。髭はもともとメラニン色素が多いとされていますが、特に毛深い人はレーザーが反応しやすくなりますし、痛みも強くなるでしょう。また、アトピーや乾燥肌、敏感肌の人は肌が弱いため、普通の肌の人と比べると痛みを感じやすくなると言われています。肌の状態に不安がある場合、施術の前にスタッフに相談しておくと良いでしょう。髭の場合は顔が日焼けをしている人もレーザーが反応しやすくなります。日焼けしていると痛みが強くなりますし、施術後に火傷のような状態になってしまうこともあるので注意しましょう。

髭の脱毛の痛みを感じづらい人の特徴

髭の脱毛の痛みを感じづらい人の特徴 女性の脱毛はよく聞きますが、最近では男性も脱毛をする人が増えています。男性の場合、すね、うでやわきといった部位の脱毛をすることはもちろんありますが、最も多い部位は「髭」です。
一般的にレーザー脱毛によって髭脱毛を行うことになりますが、人によって痛みを感じやすい人と感じづらい人がいます。基本的に多少の痛みは避けられないものの、あまりに強い痛みを感じるようだと施術を完了することが難しくなる可能性もありますので、事前にある程度の状況を想定しておいた方が賢明です。
痛みを感じづらい人の特徴となるのは、「肌の色が白い」「髭があまり濃くない」「毛根の位置が密集していない」といったものです。脱毛機器は「黒色」に対して反応するため、肌の色が黒い人は激しく痛みを感じる可能性が高いです。また、気が太く密集している場合にも、本来狙っている部分以外にも反応しやすくなってしまうことから、逆の場合よりも痛みを感じやすくなってしまいます。